仮想通貨クラウドマインニングについて!一番分かりやすく

仮想通貨クラウドマイニングについて、全く聞いたこともない人のために、分かりやすく解説します。

・仮想通貨マイニングとは?
新しい仮想通貨の送金情報をブラックチェーンという台帳に繋げることがマイニングです。繋がったところで送金が完了し、一番早く繋げた人は繋がって新たに発行された仮想通貨をもらえます。

この送金情報を繋げる行為は簡単ではなく、地下に埋もれた宝を掘り起こすように難しいことから発掘を意味するマイニングと命名されたのです。この発掘を試みる人をマイナーといいます。

・マイニングの方法
マイニングは計算して答えを見出して行く作業ですが、とてもじゃないけど人間の頭で出来るものではなく、ものすごいボリュームの複雑な計算なので機械でやるしかありません。

マイナーはものすごい速さでパソコンのグラフィックカードを稼働させ計算をさせます。高速でやらなければライバルに先を越されてしまうのでその稼働のための電気代は半端ありません。

・クラウドマイニングなら儲けが出る
ソロマインニングはパソコンやグラフィックカードなどのマシンを個人で用意して行います。そのマシン代はもちろん動かす電気代も全部一人で払わなきゃならないのでマイナス収支になってしまう事が多いです。

複数のマイナーで協力してやるプールマインニングというやり方もあります。電気代は節約できますがブラックチェーンに繋げて得られた仮想通貨は皆で分配することになるので、やはり大きな利益が得られるとは限りません。

マインニングを行っている企業に投資してやってもらう、クラウドマイニングが一番利益が出やすいです。個人でマシンを用意する必要もないし電気代もかからず知識もいりません。
ただ、前払いで投資をしその時点では利益が出ると確定されているわけではないので、リスクを覚悟しておくことは必要ですが、もしもちゃんと新しい仮想通貨を最初にブラックチェーンに繋げてもらえればその投資は大きな利益につながります。

まとめ
マインニングがスタートした頃はマイナーの数も少なくソロマインニングやプールマインニングでも利益が出ていたようですが、今後どんどんマイナーの数は増えるので最新の知識やマシン技術を備えた企業に投資するクラウドマイニングを試みるべきでしょう。

発掘は夢と希望を持って行う冒険のような作業です。毎日、新しい仮想通貨をチャリンとつなげる、発掘することを夢見ていられるのは大人の冒険ですね。